吉岡幸雄が選んだ今月の色
日本の伝統色 壁紙無料ダウンロード

ツイートする「染司よしおか」五代目当主、吉岡幸雄氏に毎月、日本の色にまつわる様々なお話をしていただくコーナーです。紫紅社特製カレンダー付き壁紙とともに、毎月月末に更新の予定です。

4月 桜の襲(さくらのかさね)

吉岡幸雄著『王朝のかさね色辞典』より

日本の春は桜色で満ちている。

王朝のかさね色にも「桜」「紅桜」「白桜」「樺桜」「薄桜」「桜萌黄」「待 (松) 桜」など、枚挙にいとまがないほどその種類は多い。

今回の「薄様色目」の再現でもいちばん多い二十五種類にのぼった。

平安朝の桜といえば、まずヤマザクラで、まず葉が先にでて、白っぽい淡紅色の花を咲かせる。現在、日本の桜を席巻しているソメイヨシノは江戸末期からの品種である。

桜は、花びら大きに、葉の色濃きが、枝細くて咲きたる

『枕草子』三十四段

清少納言のこの描写は、まさにヤマザクラを示している。

ここで「葉の色濃き」とあるが、この時代は紫が至上の色で、「濃き」のあとに「紫」が省略されていることが多い。「淡き」も同様である。

春まだ浅いころヤマザクラは若芽を吹き、やがて紫がちな葉をのばし、それから花が咲く。

したがって桜の襲にやや赤味の紫が使われているのは、 (いにしえ) の人びとの季節の微細な変移を見落とさない観察眼によるものだと考えていいだろう。

紫紅社刊『王朝かさねの色辞典』より

※『王朝のかさね色辞典』の「桜の襲 (かさね)」には、植物染で再現された桜の襲、薄花桜の襲、白桜の襲、樺桜の襲、桜萌黄の襲、松桜の襲など、桜の襲だけで25種類のかさねが紹介されています。

4月カレンダー付き壁紙

王朝のかさね色辞典(紫紅社刊) より、染司よしおか制作、植物染め作品を壁紙にしました。

カレンダー付き壁紙

※お使いの画面の解像度に合ったサイズをお選びください。


『王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄著

日本の伝統色 ミニ知識

茶 赤 青 紫 黒 黄

関連リンク:
吉岡幸雄プロフィール
吉岡幸雄の書籍
吉岡幸雄公式サイト
染司よしおか京都店

紫のゆかり 吉岡幸雄公式サイト