★全品送料無料キャンペーン実施中!(離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は送料無料!

源氏物語の色辞典

源氏物語の色辞典
商品コード 9784879405944
著者 吉岡幸雄
出版社 紫紅社
装丁 A5判/上製本 オールカラー
税込価格 3,564円
在庫
ご注文
お問合わせ
備考 吉岡幸雄「直筆サイン入り」版はこちら
電子書籍版はこちら
(配信先リスト)
他の販売店 アマゾンで詳細を見る

源氏物語の色辞典 源氏物語の色辞典 源氏物語の色辞典 源氏物語の色辞典 源氏物語の色辞典 印刷用ページ表示 友達に知らせる ツイートする

源氏物語の色辞典について

平安王朝の多彩な「襲の色目」(かさねのいろめ) を『源氏物語』五十四帖に沿って再現。光源氏の愛した色と装束。女人たちの美妙な衣裳がいま甦る。

『源氏物語』五十四帖を丹念に読みつつ、その「平安博物誌」と称賛される記述のなかから、色と衣裳に関する部分を引き寄せて、日本の染色界の第一人者、吉岡幸雄氏が往事の染色法そのままに再現した、夢を見るような色彩辞典。「正統なる異端」とよばれ、日本の伝統色を草樹花実から汲み出している斯界の第一人者、吉岡幸雄が半生をかけて挑んだ偉業が、いまここに結実した。(2008年に開催された「吉岡幸雄の仕事展」)

源氏物語の色辞典
襲の色目 (かさねのいろめ)
王朝人たちは季節にあった多彩な衣裳をまとい
華麗な色の競演をしていた

【内容一部紹介】
・紫の物語のはじまり「藤と桐の襲 (かさね)」(桐壺)
・雨夜の品定めの「二藍 (ふたあい) の直衣 (のうし)」(帚木)
・若紫との出会い「山吹の襲」(若紫)
・赤鼻の末摘花の「紅花」(末摘花)
・あでやかな花宴の光源氏「桜の直衣」(花宴)
・葵の上の逝去。悲しみの「鈍色 (にびいろ)」(葵)
・藤壷宮出家の「薄鈍 (うすにび) と梔子 (くちなし) の袖口」(賢木)
・おだやかな花散里の「卯の花の襲」(花散里)
・穏棲の日々。光源氏の「ゆるし色」(明石)
・王朝貴人の「官位九種の色」(澪標)
・女君たちへの正月の「衣配り(きぬくばり)」(玉鬘)
・春爛漫の装い。玉鬘の「撫子 (なでしこ) の細長 (ほそなが)」(胡蝶)
・台風一過の秋の庭「女郎花 (おみなえし) の汗衫 (かざみ)」(野分)
・夕霧の恋慕。女三の宮の「桜の細長」(若菜上)
・女楽の明石女御の「紅梅の御衣 (おんぞ)」(若菜下)
・男君たちのおしゃれ「さまざまな二藍」(鈴虫)
・匂宮と浮船愛の逃避行「氷雪の襲」(浮船)
・紫の物語のおわりの色「減紫 (けしむらさき)」(夢浮橋)
古典染色による色布の再現は368色

源氏物語の色辞典詳細

染色 染司よしおか工房 福田伝士
言語 日本語
ページ数 256ページ
本のサイズ 21.7 x 15.5 x 2.6cm / 0.65kg
ISBN-13 9784879405944

吉岡幸雄よしおか さちお)著者略歴
染織史家・「染司よしおか」主宰
1946年京都生まれ。1971年、早稲田大学第一文学部卒業後、美術図書出版の紫紅社を設立。1988年生家「染司よしおか」五代目当主を継ぐ。化学染料を使わず、植物染により日本の鮮やかな伝統色を再現することに挑戦し続けている。日本古来の染色技法を究明し、東大寺等の伝統行事、国文学、国宝修復など幅広い分野への貢献が認められ、2009年、京都府文化賞功労賞受賞、2010年、第58回菊池寛賞受賞。主な著書に『日本の色辞典』『源氏物語の色辞典』『王朝のかさね色辞典』など。

書籍検索