日本の伝統色 ミニ知識 「黄」

という色には、明るくあたたかい光を放って人の眼をつよく引きつける印象があるのではないでしょうか。

中国古代の春秋時代から戦国時代にかけられて確立されたという五行思想「木、火、土、金、水」では、中央に位置する土に黄はたとえられています。黄という字は「光」と「田」に分解されるので、光り輝く田んぼ、すなわち土の色ということになるのです。

季節を彩る花にも黄色のものがたくさんあり、私たちの心をゆたかにしてくれる色ともいえます。

黄の色名には「刈安(かりやす)」「鬱金(うこん)」「黄蘗(きはだ)」「山吹(やまぶき)」「柑子(こうじ)」「朽葉(くちば)」「黄橡(きつるばみ)」「波自(はじ)」「菜の花(なのはな)」「承和(そが)」「芥子(からし)」「黄土(おうど)」「雌黄(しおう)」「安石榴(ざくろ)」「女郎花(おみなえし)」などがあります。

黄系の色の染料

代表的な染料は、刈安です。黄系の色名のなかでももっとも古いもので、奈良時代の『正倉院文書』にも登場する、日本の伝統色を代表するひとつといってもいいでしょう。

刈安はイネ科の多年草で、ススキに似た植物です(右中央写真)。滋賀県伊吹山が産地として有名で、『正倉院文書』にも「近江刈安(おうみかりやす)」の名が見られます。秋に刈りとられた刈安を乾燥させて染料とし、美しく澄んだ黄色に染めるのです(右下写真)。

そのほか、支子(くちなし・色名は実の赤色を示す)、楊梅(やまもも・樹皮を染料として使用)ターメリックとも呼ばれる鬱金、安石榴(実の皮を染料として使用)、ミカン科の落葉樹の黄蘗(樹皮の内側に黄色のコルク層がある)、顔料の黄土などがあります。

源氏物語の色辞典光源氏最愛の紫の上との出会い「山吹の襲」(「若紫」より)

まだ幼い紫の上と晩春の鞍馬寺で出会った光源氏。愛らしい少女は山吹の襲をまとっていました。山吹の花色は支子で染めだしました。

源氏千年の色彩がいま甦る
「源氏物語の色辞典」好評発売中!

日本の伝統色 ミニ知識

茶 赤 青 紫 黒 黄


伝統色の完璧な色標本と色名解説
「日本の色辞典」吉岡幸雄

関連リンク:
「源氏物語の色辞典」の購入はこちらでどうぞ
「日本の色辞典」吉岡幸雄 - 色名解説の決定版!
「自然の色を染める」日本の伝統色の染め方
吉岡幸雄の仕事展「千年紀記念―源氏物語の色―」

日本の伝統色ミニ知識 「黄」

日本の伝統色カレンダー付き
壁紙無料ダウンロード

日本の伝統色デスクトップ壁紙無料ダウンロード
今月のカレンダー付き壁紙

紫のゆかり 吉岡幸雄 バナー