美術図書出版 紫紅社ロゴ

日本の伝統色 ミニ知識
「紫」

『王朝のかさね色辞典』紫根染より
『王朝のかさね色辞典』紫根染より

という色は、古代より、洋の東西を問わず高貴な色とされてきました。中国・前漢の武帝(在位BC141~BC87)は紫を好み、天帝の色として「禁色 (きんじき)」とし、また今から3600年前の地中海の海洋国家フェニキア人は、アクキガイ科の貝のパープル腺から取り出した液を集めて布に染めつけました。1グラムの色素を得るには2千個もの貝が必要だったそうです。日本でも、聖徳太子が制定した「冠位十二階」においてもっとも高位とされたのは紫でした。

高貴な色であるとともに、妖艶でもある紫。その魅力はミステリアスです。

紫の色名

紫の色名には、「深紫(こきむらさき)」「帝王紫(ていおうむらさき)」「紫鈍(むらさきにび)」「江戸紫(えどむらさき)」「藤(ふじ)」「滅紫(けしむらさき)」「二藍(ふたあい)」「杜若(かきつばた)」「似紫(にせむらさき)」「葡萄(えび)」「茄子紺(なすこん)」「脂燭(しそく)」などがあります。

紫系の色の染料

紫の花と根・紫根を臼で搗く作業
紫の花と根・根を臼で搗く作業

代表的な染料として、紫草があります。紫草はムラサキ科の多年草で、6月ころに可憐な白い花をつけます。しかし紫の色素はその根にあるのです。その根をよく乾燥させて石臼で搗いて砕き、湯の中でよくもみこんで色素を抽出します。いまでは生産量が少なくなり、たいへん貴重な植物、色となっています。

また、二藍という紫の色は、蓼藍で青く染め、それに紅花の赤をかけて紫色にします。かつて藍という言葉は染料を総称する名でした。そして5世紀ころ紅花が (くれ)の国から渡来したので、「呉藍、くれのあい(くれない)」と呼ばれたのです。そこで、この青の藍と赤の藍の二つをかけあわせることから二つの藍、二藍と称されるようになったのです。

日本の伝統色 ミニ知識

お知らせ

ドキュメンタリー映画「紫」

ドキュメンタリー映画『紫』

日本古来の鮮やかな色文化を再現することに挑戦し続けている「染司よしおか」吉岡幸雄・福田伝士の情熱を追った、川瀬美香監督のドキュメンタリー映画「紫」。国内外の多くの人のリクエストに応えて、ついにブルーレイ&DVD化されました。

貴重な映像をぜひこの機会にお求めください。(予告編動画もこちらでどうぞ)