美術図書出版 紫紅社ロゴ

日本の伝統色 ミニ知識
「茶」

染司よしおか制作 柿渋染めのれん
染司よしおか制作 柿渋染めのれん

茶色も自然界のなかで樹木の幹や土の色として私たちに身近な色です。茶色という表現のもとになっているのは、お茶を焙じてほとんど葉緑素がなくなった、いわばほうじ茶の色だといえます。

しかし、という言葉が一般的になっていくのは鎌倉時代以降のこと。またそのころは緑茶や抹茶が飲まれ、茶色のお茶の普及は江戸時代以降なので、そのころについた名だと考えられています。ただ、19世紀半ばに書かれた『守貞謾稿 (もりさだまんこう)』には「茶は黄赤あり、赤黒あり、黄黒あり。煎茶色を云ふなり」とあります。茶色といっても千差万別だったようです。

茶の色名

茶の色名には、「唐茶(からちゃ)」「団栗(どんぐり)」「榛摺(はりずり)」「檜皮(ひわだ)」「阿仙茶(あせんちゃ)」「肉桂(にっけい)」「柿渋(かきしぶ)」「栗(くり)」「白茶(しらちゃ)」「生壁(なまかべ)」「木欄(もくらん)」「苦(にが)」「団十郎茶(だんじゅうろうちゃ)」「土器茶(かわらけちゃ)」などがあります。

茶系の色の染料

柿をつぶす作業と柿渋染め
柿をつぶす作業と柿渋染め

茶系の染料として日本では古くから (つるばみ)矢車 (やしゃ)胡桃 (くるみ) (かき)阿仙 (あせん)など、タンニン酸を多く含んだ樹皮や木の実を使ってきました。とくに青柿からつくる柿渋は、防水・防腐効果があるため、家屋の木材に塗ったり、漁網に塗って丈夫にしたり、厚手の木綿布に塗って白い濁りのある酒を搾って清酒にしたりと様々な分野で使われます。

渋柿の実を青いうちに砕いて絞り、その液を二年あまりおいて自然に発酵させたものの上澄み液を採取して、染料として使います。京都府南山城地方では、茶畑の周囲に柿の木を植えて、お茶の葉に直接日光が当たるのを遮ったため渋柿の生産量が多く、木津、和束、宇治田原周辺にはいまも渋柿屋があり生産が続けられています。

日本の伝統色 ミニ知識