美術図書出版 紫紅社ロゴ

全品送料無料! (離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は
送料無料!

吉岡常雄の仕事
天平の赤・帝王の紫
幻の色を求めて

吉岡常雄の仕事 中身を見る

中身を見る

吉岡常雄の仕事 基本情報

商品コード 9784879400178
著者 堀田謹吾、牟田口章人
出版社 紫紅社
税込価格 3,146円
在庫
ご注文
シェア
お問合せ 問い合わせフォームへ

『吉岡常雄の仕事』について

染と織の技を探りつづけた50年。自ら訪ね、自ら試みたその歩み。

染料化学を研究するうち、日本はもとより世界の古典染織に魅せられて、その基本的な素材である染料と繊維、謎めいた技法を探訪するため世界80カ国を走破。さらに日本の飛鳥・奈良時代の香りを今に伝える法隆寺、東大寺、薬師寺における落慶法要など大きな記念事業に古典染織技法を駆使して幡などを再現。その30余年にわたる業績と各国で蒐集した染織コレクションを紹介。

吉岡常雄の仕事 中身サンプル

「吉岡先生の色彩世界」芝木好子

吉岡常雄先生は色彩の魔に憑かれたように、一生色を追い求めた方である。

吉岡先生というと貝紫を思い出す。一個の小さな貝からとる紫の色素は、紀元前から海洋民族が染めていて、ペルシャのダリウス一世も好んだそうだが、先生は長年ヨーロッパからギリシャ、中近東、メキシコ、ペルーなどをめぐって、その歴史や染色法を調べられた。情熱のおもむくままに世界を廻って研究に打込まれたから、先生にお会いしようとしても神出鬼没で、どこにいらっしゃるか分からない。貝紫はそうしてついに先生によって解明された大きな成果と言えるだろう。

この美しい帝王紫とよぶ色は太陽によって発色する。吉岡先生は白生地に柄を描き、紫で彩色して、ゆめのような「日本のきもの」を創られた。心のおもむくままに描いた衣裳には詩があって、たのしい。

序文 芝木好子、切畑健
図版解説 吉岡幸雄、鈴木三八子
装丁 A4判変型
ページ数 159ページ
本のサイズ 29.6 x 22 x 1.4cm / 0.94kg
ISBN-10 4879400173
ISBN-13 9784879400178
英名 The Works of Tsuneo Yoshioka
英語表記 No English text included