美術図書出版 紫紅社ロゴ

全品送料無料! (離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は
送料無料!

椿
Camellia Photo Collection

椿 中身を見る

中身を見る

椿 基本情報

商品コード 9784763615190
著者 木村智 (編集)、清水秀男 (解説)、槇野尚一 (写真)
出版社 京都書院
税込価格 1,296円
在庫
ご注文
備考 古い書籍のため表紙に若干のヨゴレやイタミがあります。
シェア
お問合せ 問い合わせフォームへ

『椿』について

「世界のつばき展」の写真記録。312品種をオールカラーで紹介。

日本には、伝統に裏付けされた独自の「椿」文化がある。全国の有名社寺に残る侘助 (わびすけ) や白玉の古木、茶花として各地に受け継がれる著名品種など、どれも花の文化遺産といえる。本書は、椿の育種にも著名な「熱川バナナワニ園」が16年間にわたって展覧・育成してきた椿の名品種より、日本種185点・洋種127点 (計312点) を、オールカラーの美しい写真で紹介。侘び寂びの精神が宿った伝統的な日本の椿と、華麗な洋種ツバキが競演する、ビジュアルな椿事典。品種別索引、英名索引付き。

「ヤブツバキ系一重品種」解説より

日本の代表的な椿業者である船木園のカタログでは、日本種321品種のうち、一重は実に243品種75パーセントにのぼる。これは日本人の好みを実によく反映している。

比較のためアメリカ・ヌッチオ農園のカタログを見ると、日本から導入された肥後椿や侘助などを加えても一割に満たない。欧米でのオリジナルの一重品種となると500品種のうち僅か十数品種である...

ところが日本で洋種を販売するとなると、この僅かな一重の品種「チューリップ・タイム」や「サニー・サイド」「ベビー・ベア」などに人気が集中するから面白い。

洋の東西で、好みの違いはいかんともしがたいが、日本には日本の椿文化、哲学があってしかるべきであろう。

言語 日本語 (英名索引付き)
装丁 文庫版
ページ数 320ページ
本のサイズ 14.8 x 10.5 x 1.5cm / 0.23kg
ISBN-10 476361519X
ISBN-13 9784763615190
英名 椿
Camellia Photo Collection
英語表記 No English text included