美術図書出版 紫紅社ロゴ

全品送料無料! (離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は
送料無料!

和食の道
未踏の美味追求のために
「和食を科学する」

和食の道 中身を見る

中身を見る

和食の道 基本情報

商品コード 9784794603159
著者 高橋拓児
出版社 IBCパブリッシング
税込価格 1,620円
在庫
ご注文
備考 本誌1冊のみご注文の場合はメール便でお送りします。3〜5日かかります。
シェア
お問合せ 問い合わせフォームへ

『和食の道』について

世界遺産に登録された「和食」。あえて今、「誰も食べたことがない料理を創る」ために、和食の正しい知識・技法・味わいなどをわかりやすい数値やデータを用いて解析。「和食」を学び、調理の真髄を知る。

千年以上に及ぶ料理人の精神や技法が洗練され、その蓄積が結実して、世界遺産の地位へと導かれた和食。その和食をさらに素晴らしいものに発展させ、正しい知識や技法・味わいなどを後世に伝えてゆくために、これからの料理人はどうあるべきなのか?

78年続く京都の老舗「木乃婦」の暖簾を受け継いだ高橋拓児が、和食の知識と、技法の極意をわかりやすい数値やデータを用いて解析する。

高橋拓児たかはし たくじ

1968年京都生まれ。大学卒業後「東京吉兆」にて5年間の修行を重ねたのち実家に戻り、京都で78年続く料理屋「木乃婦」の三代目若主人となる。シニアソムリエの資格も取得し、ワインに合う料理を提供する「ワイン献立」を用意するなど、新たな調理法や素材に取り組み、京都の料理界に大きな影響を与える存在として注目を集めている。現在、京都大学大学院農学研究修士課程に在籍し「美味しさ」の研究に取り組む。NHK「きょうの料理」講師。著書に『10品でわかる日本料理』(日本経済新聞出版社) などがある。

言語 日本語
装丁 四六判
ページ数 174ページ
本のサイズ 18.8 x 12.8cm
ISBN-13 9784794603159