★全品送料無料キャンペーン実施中!(離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は送料無料!

引札: 田村コレクション

引札
商品コード 9784763615077
出版社 京都書院
装丁 文庫版
税込価格 1,080円
在庫
ご注文
お問合わせ
備考 古い書籍のため表紙に若干のヨゴレやイタミがあります。
他の販売店 アマゾンで詳細を見る

引札 引札 引札 引札 印刷用ページ表示 友達に知らせる ツイートする

引札について

明治時代には、こんなコマーシャルがあった…日本広告事始。

引札 (ひきふだ) とは、江戸時代から明治末期にかけて宣伝広告用に制作された木版や石版の印刷物で、今で言うチラシのようなもの。七福神や開花風俗などが好んで描かれ、当時の庶民の暮らしに彩りを添えた。本書は、田村資料館の収蔵品より優品240余図を厳選、オールカラーで紹介。意匠や色彩に工夫を凝らしたものや、多様な用途に利用できるよう機知に富んだデザインなど、デザインガイドブックとして参考になるだけでなく、明治の風俗が偲ばれる資料としても楽しい。

本書の内容は紫紅社出版、 新装版「田村コレクション 引札」と同じです

「引札の魅力」より抜粋

引札とは、臨時に広告宣伝の目的で作られ配布された刷り物のことをいう。江戸時代、商業主義の発展に伴って登場し、明治時代ことに盛んに発行された。それまでの看板やのれんといった常設の広告手段と大きく異なる、大量伝達手段としての広告の魁である。

当初は引札という名は用いられず、「報条」(ほうじょう) とか「口上出し札」(こうじょうだしふだ) と呼んでいた。初期の作例として高名なのが、天和三 (1683) 年、越後屋江戸本店の出した「現金安売掛値なし」の引札である。

引札 目次抜粋

  • 引札の魅力
  • 引札の原型
  • 商売繁盛 商品と絵様
  • 福を呼ぶ 目出た尽し
  • 強く明るい 物語のヒーロー
  • 宣伝の常套 美人と子供
  • 時代を映す 文明開化
  • 情報サービス

引札詳細

言語 日本語
ページ数 256ページ
本のサイズ 14.8 x 10.5 x 1.3cm / 0.19kg
ISBN-10 4763615076
ISBN-13 9784763615077

書籍検索